関西で頑張る企業や個人を応援する動画配信プラットフォーム
利用規約
User Policies
第1条(提供サービス)
  1. 株式会社リアクト(以下「当社」といいます。)は、「Kansai Dream Studio利用規約」(以下、「本利用規約」といいます。)に従い、オンラインライブ、オンライン動画、ライブコマース等のさまざまな映像コンテンツ(以下、「配信コンテンツ」といいます。)を、当社が運営する「Kansai Dream Studio」において配信するサービス(以下、「本サービス」といいます。)を提供します。
  2. 本サービスは、配信コンテンツを提供する第三者(以下、「コンテンツ提供者」といいます。)と、配信コンテンツを視聴する利用者(以下、「サービス利用者」といいます。)との間における配信コンテンツの視聴及び商品・サービスの売買その他の取引(以下、「個別取引」といいます。)のための場・機会を提供することを内容とするものです。
  3. 個別取引は、すべてサービス利用者とコンテンツ提供者との間で行われ、当社は、個別取引の直接の当事者とはならず、当該取引に関する一切の責任は負いません。サービス利用者は、個別取引における一切の義務を自己の費用・責任において遂行するものとします。
第2条(規約の適用)
  1. 本利用規約は、本サービスの利用に関する一切について適用されます。
  2. 本利用規約の他に、ガイドライン、ポリシー、その他の名称を問わず、当社が本サービスの利用条件、利用上の決まり等を定めた規定(以下、「個別規定」といい、あわせて「本利用規約等」といいます。)がある場合、サービス利用者は、本利用規約のほか、個別規定の定めにも従って本サービスを利用しなければなりません。なお、本利用規約の内容と個別規定の内容が異なる場合は、個別規定を優先して適用します。
  3. サービス利用者は本利用規約の内容を十分に確認し、これに同意したうえで本サービスを利用するものとします。また、サービス利用者が本サービスを利用した時点で、本利用規約及び個別規定の内容に全て同意したものとみなします。
  4. サービス利用者が未成年の場合には、サービス利用者の法定代理人(親権者等)が本利用規約を確認し同意の上で、サービス利用者が本サービスを利用するものとし、サービス利用者が本サービスを利用した時点で、法定代理人(親権者等)の同意を得て利用しているものとみなします。
第3条(アカウント)
  1. 本サービスの利用にあたっては、サービス利用者が会員情報を登録の上、当社がアカウントを発行します。
  2. サービス利用者は本サービスにおけるアカウントのあらゆる利用および管理において一切の責任を負うものとします。当社は、盗難・紛失・不正使用・他人による無断使用等の場合を含め、サービス利用者に責任があると否とを問わず、当社に故意または重大な過失のない限り、アカウントの利用および管理から生じた一切の損害ならびに本サービスの利用に起因して生じた一切の損害について何らの責任も負わないものとします。
  3. サービス利用者は、いつでもアカウントを削除して退会することができます。
  4. 本サービスにおけるサービス利用者のすべての利用権は、理由を問わず、アカウントが削除された時点で消滅します。サービス利用者が誤って削除した場合であっても、アカウントの復旧はできません。
  5. 本サービスのアカウントはサービス利用者本人に帰属します。本サービスにおけるサービス利用者のすべての利用権は、第三者に譲渡、貸与、担保に供する行為その他の処分又は相続させることはできません。
第4条(サービスの利用)
  1. 配信コンテンツは、当社以外の第三者であるコンテンツ提供者が配信します。
  2. 本サービスにおいて、配信コンテンツはあらかじめコンテンツ提供者が指定する日時に配信されます。
  3. サービス利用者は、本サービスを利用するにあたり、必要なコンピュータ、スマートフォンその他の通信機器、通信手段及び電力等の環境を、サービス利用者の責任と費用において整備するものとします。
  4. 本サービスの利用に際し、有料コンテンツ(第5条1項の定義に従います。)か否かにかかわらず、サービス利用者の通信手段により別途通信料が発生します。サービス利用者が各自の利用環境を確認の上、必要な通信料をサービス利用者が負担するものとします。
  5. サービス利用者は、自己の利用環境に応じて、コンピューター・ウィルスの感染の防止、不正アクセスおよび情報漏洩の防止等のセキュリティ対策を講じなければなりません。当社は、サービス利用者の利用環境について一切関与せず、また一切の責任を負いません。
  6. サービス利用者は、運営上その他の理由によって、配信コンテンツが利用期間終了まで 提供されない可能性があることを予め承諾します。
  7. 配信コンテンツの利用は、以下の事項が発生した場合に終了するものとします。
    1. 配信コンテンツの利用可能期間が終了したとき
    2. サービス利用者がアカウントの削除を行なったとき
    3. サービス利用者のアカウントが当社により削除されたとき
  8. 当社は、本サービスの運営等の全部又は一部を第三者に委託できるものとし、サービス利用者は、かかる委託を承諾するものとします。
第5条(有料コンテンツ)
  1. サービス利用者が利用する配信コンテンツが有料の場合(以下、有料の配信コンテンツを「有料コンテンツ」といいます。)には、サービス利用者は有料コンテンツごとに設定された単価を別途定める方法にて支払います。サービス利用者は、視聴可能な配信コンテンツであることを確認したうえで、購入するものとします。当該有料コンテンツ配信前に当該有料コンテンツの単価全額のお支払いが確認できない場合には、サービス利用者は有料コンテンツが視聴できません。
  2. 当社は、コンテンツ提供者の責めに帰すべき事由により、サービス利用者が有料コンテンツの全部又は一部を視聴できなかった場合、別途定めた場合を除き、返金や保証などの個別取引に関して一切関与せず、責任を負いません。
  3. 当社は、当社の責めに帰すべき事由により、サービス利用者が有料コンテンツの全部を視聴できなかった場合には、当該有料コンテンツの単価相当額をサービス利用者に返金します。また、当社は同様の事由に起因して、サービス利用者が有料コンテンツの一部を視聴できなかった場合には、返金を行うか否か、返金を行う場合はその金額について、合理的な範囲で当社の裁量により決定します。
第6条(権利の帰属)
  1. 配信コンテンツの所有権、著作権(著作権法第27条および第28条に定める権利を含みます。)及び商標権その他一切の知的財産権は、当該コンテンツ提供者に帰属します。
  2. 本サービスにかかる著作権及び商標権その他一切の知的財産権は、前項に定めるものを除き、すべて当社に帰属します。
  3. サービス利用者は、本サービス及び配信コンテンツについて、著作権法で認められた個人的かつ非営利目的の範囲内でのみ利用するものとします。
第7条 (禁止事項)
サービス利用者は、本サービスの利用に関して、以下の行為又はそのおそれのある行為をしてはならないものとします。また、本サービスの利用を終了した場合も同様とします。
  1. 配信コンテンツを不特定または多数の者に視聴させること
  2. 配信コンテンツおよびそれにまつわる情報を無断でコピー、ダウンロード、ストリームキャプチャ、複製、複写、転載、引用、アーカイブ保管、配信、アップロード、公開、編集、翻案、改竄、翻訳、放送、販売、送信又は再送信すること
  3. コンテンツ提供者、第三者又は当社の権利(特許、商標、営業秘密、著作権、プライバシー、パブリシティ、肖像権その他の所有権又は人格権を含みます。)を侵害ないし毀損すること
  4. 配信コンテンツの二次的著作物や、配信コンテンツに依拠または由来若しくはベースとなる素材を作成すること
  5. 本サービス(当社のネットワーク、サーバー及びアカウントを含みます)を毀損し、無効化し、不当な負担をかけ、損傷させ、又は不正にアクセスすること
  6. 当社の個人情報保護方針に違反して個人情報を収集すること
  7. 本利用規約に違反すること
  8. その他、当社が不適切と判断する行為
第8条(規約等違反への対応)
  1. サービス利用者が本利用規約等又は法令・規則に違反したと当社が判断した場合、当社はサービス利用者に何らの通知又は催告なしに、本サービスの提供を停止又は中断、もしくはアカウント情報の停止又は削除をすることができるものとします。
  2. 前項のほか、当社が任意の理由に基づき必要と判断した場合、当社はサービス利用者に何らの通知又は催告なしに、本サービスの提供を停止又は中断、もしくはアカウント情報の停止又は削除をすることができるものとします。
  3. サービス利用者は、前項および前々項に基づく当社による本サービスの提供の停止又は中断、もしくはアカウント情報の停止又は削除を含む一切の対応について、当社に異議を唱えないものとし、これにより生じた損害について当社は一切責任を負わないものとします。
第9条(免責事項)
  1. 1. サービス利用者は自己の判断と責任において本サービスを利用するものとし、当社は、サービス利用者が本サービスを利用したこと又は利用できないことに起因又は関連して生じた障害について、直接又は間接的な損害を問わず、一切の責任を負いません。ただし、損害発生の直接の原因となる事由が、当社の故意又は重過失に起因する場合には、この限りではありません。
  2. サービス利用者は、当社が、コンテンツ提供者の配信コンテンツに関し、事実上又は法律上の瑕疵(正確性、合法性、有効性、道徳性、適時性、完全性、第三者の権利侵害等を含みますがこれに限りません)がないことを明示的にも黙示的にも保証するものではなく、また、法令等により要求される場合を除き、当社がコンテンツ提供者の配信コンテンツについて一切の監視義務を負いません。
  3. 当社は、事前の予告なく、自己の裁量により配信を中止することがあり、サービス利用者は予めこれを了承します。当社は、故意又は重過失の無い限り、配信の中止によりサービス利用者に生じたいかなる損害、損失等につきましても、一切の責任を負いません。
  4. システム障害、通信障害、メンテナンス、又は、停電及び天災地変など当社の合理的なコントロールを超えた不可抗力により、本サービスの全部又は一部を提供できなかった場合、当社は、そのいかなる損害についても一切の責任を負いません。
第10条(サービスの中断又は停止)
  1. 当社は、以下の場合、当社の判断により、事前の通知なく本サービスを中断又は停止することができます。
    1. 本サービス又はそれにかかるネットワーク等のシステム定期保守、更新又は緊急の場合
    2. 火災、停電、天災、その他の不可抗力により、本サービスの提供が困難な場合
    3. システムの不良、第三者からの不正アクセス、コンピュータウィルスの感染、その他の事由によりシステムの運用が困難になった場合
    4. 前各号のほか、不測の事態により本サービスの提供が困難と判断した場合
  2. 当社は、前項に定める事由又はその他の事由により、本サービスの提供の遅延、中断又は停止等が発生したことに起因してサービス利用者に生じた損害について、一切の責任を負いません。
第11条(サービスの変更及び終了)
  1. 当社は、当社の都合により、事前の通知なく、本サービスの内容を変更すること、および全部または一部を終了することができます。
  2. 当社は、本サービスの内容変更または終了(全部、一部の終了いずれかは問いません。)に起因してサービス利用者に生じた損害について、一切の責任を負いません。
第12条(個人情報の取扱い)
  1. サービス利用者は、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下「暴力団員等」という。)に該当しないこと、及び次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。
    1. 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
    2. 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
    3. 自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
    4. 暴力団員等に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
    5. 役員又は経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
  2. サービス利用者は、自ら又は第三者を利用して次の各号のいずれにも該当する行為を行わないことを確約するものとします。
    1. 暴力的な要求行為
    2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
    3. 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
    4. 風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は相手方の業務を妨害する行為
    5. その他前各号に準ずる行為
第13条(規約等の分離性)
  1. 本利用規約等の各条項の全部又は一部が法令に基づいて無効と判断された場合でも、当該条項の無効と判断された部分以外の部分および本利用規約等のその他の規定は、有効とします。
  2. 本利用規約等の各条項の一部が、あるサービス利用者との関係で無効とされ、又は取り消された場合でも、その他のサービス利用者との関係においては、本利用規約等は有効とします。
第14条(規約等の変更)
  1. 当社は、本利用規約等を任意に変更できるものとします。当社は、本利用規約等を変更する場合、原則として、当社のウェブサイトにて本利用規約等を変更する旨及び変更内容並びにその効力発生時期を告知します。
  2. 当社がサービス利用者に本利用規約等の変更内容を告知し、サービス利用者が変更後の本利用規約等の効力発生時期を経過した後に本サービスを利用した場合、サービス利用者は、変更後の本規利用約等に同意したものとみなされます。
第15条(準拠法および管轄)
  1. 本利用規約等は、日本法に準拠するものとします。
  2. 本利用規約及び本サービスの利用に起因又は関連して、当社とサービス利用者との間で紛争が生じた場合は、大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
2021年11月15日
株式会社リアクト
代表取締役 谷 真一